名古屋独特の風習

名古屋城

愛知県にあります。愛知県西部の政令指定都市となっています。
人口は横浜市、大阪市に次ぐ全国第3位です。市全体をみてみると、西南部は海抜0メートルの臨海工業地帯で国際貿易港である港があります。
西部は市最大の穀倉地帯が広がっています。歴史も古くからあります。
この地を舞台に活躍したのは武士もたくさんいます。今日でも名古屋城や徳川園といった武家文化を感じることができるところが残されています。
城下を中心にかかるはじめられた物作りは、現在にも受け継がれています。いまでは、航空宇宙産業や輸送機器などでも有名です。
また、食文化では代表的なものに、赤味噌があげられます。赤味噌を使ったうどんやトンカツなどでも有名です。

食文化についてもう少しみてみると、東西の食文化の融合が垣間見ることができます。
これは、東京と大阪の中間にあるからといえます。
例にあげると、ひつまぶしや、あんかけスパゲティー、小倉トースト、天むす、カレーうどん、鉄板ナポリタン、みそおでんなどです。
観光スポットもたくさんあります。
まず、名古屋城です。
特に大天守閣もあり、歴史を学ぶことも可能です。
そのほか、徳川美術館では、徳川家の遺留品が数多く展示されています。
徳川園は、池泉回遊式の日本庭園として有名です。
牡丹や花菖蒲など、四季を通じて楽しめるようになっています。
トヨタ産業技術会館では、大正時代の工場をみることができ、さらに、カフェやレストランや図書室も併設されていて子連れでも楽しめる場所となっています。