人気の結婚式場

名古屋都心

名古屋は地域がら穏やかな気候です。夏の平均湿度は70%を超すことが多く蒸し暑いです。
また、冬は伊吹おろしと呼ばれる冷たい北西の季節風が吹きます。その気候をいかして、たくさんの野菜が収穫されています。
キャベツは作付面積、産出額が全国一です。出荷量は全国の20%を占めています。
特に11月から4月の秋冬期が栽培の中心です。近年は5月から6月にかけての初夏に出荷する夏のキャベツも人気です。
キャベツは生で食べることに適した春タイプと加熱することに適した冬タイプがあります。生で食べるキャベツは柔らかく、シャキシャキして食感が良く、加熱タイプは加熱により、甘味が増し、風味がでます。
それぞれの特徴にあった調理をすることでよりおいしくいただくことができます。

キャベツの歴史は、日本全国の中でも最も古いです。
明治時代から愛知の伝統野菜に選定された「野崎中生キャベツ」をはじめとして多くの優良品種を全国に送りだしてきました。
現在では、温暖な気候や用水路がきれいに整理されたおかげで東三河地域を中心に生産されています。
キャベツはビタミンC、ビタミンKが豊富に含まれる食材です。
ビタミンCには、風邪予防や疲労回復、肌荒れなどに効果があります。
またビタミンKは血液の骨の形成や凝固促進を促す働きがあります。
ビタミンUとよばれる珍しい成分も含んでいます。
このビタミンUはキャベジンといわれる成分で、胃腸薬の名前でもお馴染みです。
潰瘍の治癒に効果的に働きます。
地域の歴史や最近の変化